ライバルの競合しあうことになる状況

ライバルの競合しあうことになる状況

競合分析をした結果、自社の無敵ところ、そして病弱ところを見つけ、競合他社との差をつけるために、強みを活かし、他社とどのように差別化していくのかの検討が大切です。ターゲット客層から確認して、自社が提供をしている商品やサービスがどれだけ魅力的な存在になっているのかを、客観的に分析するために絶対に必要なアクションです。

これらをインターネット上でリサーチしたり、業者から見積書を取り寄せるなど、自分なりに調査を進めていき予測をします。さらには、通常と比べて付加価値をつけた商品やサービスの提供をしていくことが可能か如何にかも検討しなければいけません。

事業の必要総資金については、設備資金と運転資金の合計となります。事業コンセプトがしかとと固まってきたら、次は同じ市場で競合しあうことになるライバルの状況について、調査を実施します。

とにかく、どこやら起業しても失敗するだけですから、じっくりと検討を終わらせてからスタートしましょう。インターネットや資料請求で調べるといったことから始めていき、最終的には現地確認や現地調査を行い、情報収集をしていきましょう。

自分が思っていたよりも多くのお金が必要になるのが一般的ですので、コストについては多めに予測することが重要です。付加価値の屹々商品やサービスを提供することが出来る状態でしたら、ライバルよりも有利に展開していける可能性が一気に高まるハズです。

そして、その調査結果を競合分析表としてがっしりとまとめてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ