実際に起業して事業を始めるために

実際に起業して事業を始めるために

サラリーマン時代のように、毎月決まって給料が振り込まれるわけではありません。設備資金は開業するときに必要になるお金です。

また、忘れがちなのが自分の生活費です。つまり資金計画が欠かせません。

起業して実際に事業を始めるためには、お金がどのくらい必要でそれをどんなふうにやって調達するのかを考えていかなければなりません。変動費は売上に比例して発生する経費で、商品や材料などの仕入代金などがこれに当たります。

固定費は売上に関係なく毎月発生する経費で、店舗、事務所の家賃や電話代、水道光熱費、人件費、消耗品代などです。運転資金は開業後に実際に事業を運営していく際に必要となるお金、いわゆる必要経費です。

開業後には、売上やそれに伴う入金がなくても、断然毎月支払わなければいけないお金が発生します。不動産の購入費用、店舗、事務所を賃借する際の敷金、礼金、保証金などの初期費用、改装費用、設備、什器備品等の購入費用など。

社長である自分の給料をどれぐらいにするか、これらについては事前に十分にに見積もっておく必要があります。起業する際に必要な資金は、「設備資金」と「運転資金」があります。

気をつけなければいけないのが固定費の金額です。売上がないからといって、時給で雇っているアルバイトの賃金を支払わないわけにはいきません。

必要経費はさらに、「変動費」と「固定費」に分けることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ